私たちが暮らしている日本という国は昔から米を主食とした食文化ですよね。さらに米に加えて豆や魚、海藻、野菜、山菜とさまざまな食材をふんだんに使った非常に栄養価の高いものを食べることが一般的に多かったですよね。しかもそれでいてヘルシーな食材が多いということで最近になってまた和食ブームというものが到来しています。もちろんそれでは日本国内のみに留まらず世界中で注目されているんですよ。

最近の日本の若者というのは和食とはかけ離れた食文化の中で生活をしていますよね。気軽にファミリーレストランなどで洋食を食べることが出来る今、幼少期からカロリーの高い食生活を送る人が増えてきています。確かに洋食にも和食にはない魅力がありますしおいしいものはたくさんあります。ハンバークやエビフライ、グラタン、スパゲッティ、パスタ・・・どれもおいしそうなものばかりですがこういったものばかり食べているとやはり日本人の体質的にはあまり良くありません。

日本人というのは実はそもそも米と水と少量の塩分さえあれば大丈夫みたいです。昔から味付けは塩や味噌、醤油といったものがほとんどでしたよね。調理法にしてみても汁物や煮物だったり水を使ったものが多かったですよね。

和食といえばやはりお味噌汁は欠かせませんよね。鰹節や煮干しで出汁をとった中に味噌を溶いたものはシンプルながらに身体に染みわたる日本の家庭の味です。鰹節にしてもても保存食としてかなり重宝されていました。もちろん鰹節はさまざまな料理に活躍してくれる素晴らしいものですし、鰹そのものも刺身にしたりたたきにして食べるのもおいしいですよね。

そんな和食には欠かせない米や鰹に関するさまざまな情報についてこのサイトでは紹介していきたいと思います。